全国 道の駅 スタンプラリー コミュニティ
これまでに投稿した道の駅の写真リスト
ようこそ ゲスト さん |  はじめての方へ | 新規登録 | ログイン     このエントリーをはてなブックマークに追加
彦成さんの道の駅写真投稿リスト

182件中  1 - 10件目

米沢  (2018-04-21)
【38-02】記念きっぷゲット。番号はオープン2日目で170番。開業記念きっぷは2日目と言う事でスタッフも何も言わなかったのでスルーした。スタンプは黒い文字だけのシンプルなものであった。登録証はスタンプと一緒に総合観光案内所にあるが、荷物の後ろに隠れている状態だった・・・。オープン2日目で初の土曜日ではあるが、着いた時間が夕方近くだったので、駐車場も入れ替わりが早く待ち時間も短く済んだ。ゴールデンウィークまでは臨時駐車場からのシャトルバスも発車するようだが、米沢駅(道の駅から約3㎞)からも発車すると鉄道客も取り込めて便利ではないかと思った。館内は新駅と言う事でとても綺麗で洗練されていた。またこの時間は程良く賑わう程度で、フードコートの席も空席が目立ち、レジ待ちも短かった。米沢牛のグルメがメインで、ハンバーグやカレー等の惣菜類も販売されていたが、やはり値段が高かった。基本は広域のお土産類がメインだがワイン等の酒類販売コーナーも有った。
  ( Pooh Kumakenさん137の加藤さんytv道の駅部さんbabukunさんHidem8778さんSモンキーさん川カッパさんNatzさんキーサさんルピナスさんアクセラくんさんHCB47さん越後屋さん、)

彦成さん、ファーストゲットおめでとうございます。(Pooh Kumakenさん)
彦成さん、ファーストゲットおめでとうございます!(137の加藤さん)
彦成さん、ファーストゲットおめでとうございます!やりましたね!(ytv道の駅部さん)
彦成さん、ファーストゲットおめでとうございます。久しぶりにやりましね。米沢も、開業記念切符配布ありましたが、番号からすると残ってそうなのに2日目というだけで配布しなかったのですかね?(babukunさん)
彦成さん、ファーストゲットおめでとうございます。誰がファーストゲットを取るのかな?と思ってましたが彦成さんでしたね❕登録証やスタンプの情報もありがとうございます。(Hidem8778さん)
彦成さんファーストゲットおめでとうございます。詳細な情報ありがとうございます。(川カッパさん)
皆さん、ありがとうございます。東北は間もなく「おおゆ」と「むろね」が供用開始になるのでまとめていかないと勿体ないですよね。この2駅に関しては夏に行く予定があるのと、米沢は行動範囲内で近隣の飯坂温泉にも行こうと思っていたので今回はここ単体で行く事にしました。近畿の方は平日でも初日に行かれる方が大勢居て熱気がありますね。近畿の新駅に関してはゴールデンウィークにまとめて訪問する予定です。(彦成さん)

季の里天栄  (2018-04-21)
【38-01】記念きっぷの販売は無し。天栄村はヤーコンの特産があり、ジャムを購入した。根菜であるものの、梨に近い風味と食感との事。須賀川市の特産・キュウリの漬物も併せて購入。また、この駅より福島県の「道の駅」カードラリーをスタート。番号は138番と意外と進んでいた。アクセス道路の国道294号は白河と会津若松を結ぶ、交通量・信号の少ない快走路である。米沢へ向かう際も国道4号~13号よりも国道294号~121号の方が市街地を全く通らず、断然走りやすいのでこの駅の立ち寄り回数も必然的に多くなる。栃木県境方面より国道294号へは大清水交差点で県道281号に移るとさらに快適である。
  ( Pooh Kumakenさん137の加藤さんytv道の駅部さんbabukunさんHidem8778さん333さんSモンキーさんキーサさんルピナスさんHCB47さん越後屋さん、)


いちかわ  (2018-04-07)
【37-01】記念きっぷの販売は無し。道の駅オープン直後に立ち寄り。道の駅へのアクセス道路となる外環道及び国道298号は道の駅オープンの頃に開通予定だったが延期となり、この日は道の駅前の一般道部分が一部開通となっただけの見切りオープンとなってしまった。その影響及び、都市部にあり且つ駐車台数も多くない事から大渋滞が予想されたので、別の場所に車を停めて道の駅へ向かった。しかしながら道の駅周辺の道路は駐車待ちの車でいっぱいだったが、想像していたよりも広くて開放的な場所で、館内への入場制限もなく大きな混乱は見受けられなかった。ただしショップやレストランカフェコーナーはかなりの待ち状態となっていた。「bayfm78」のスタジオが館内にあり、ラウンジではイベントが行われていてとても賑やかだった。この駅は市川市の北部に所在、矢切の渡しが近くにあり、矢切の名前を冠したコロッケや市川産の野菜、特産品の梨を使ったジュース、千葉県広域のお土産品などが販売されていた。ただし商品数に関してはそれほど多くはなかった。
  ( Pooh Kumakenさん137の加藤さんytv道の駅部さんbabukunさんSモンキーさん333さん川カッパさんキーサさんルピナスさんHCB47さん越後屋さん、)


赤城の恵  (2018-02-23)
【36-01】記念きっぷゲット。上武道路から少し脇道に逸れたところにあり、アクセスも便利な駅である。この周辺の上武道路は渋滞が多いので、この駅を利用して渋滞を回避するのも良いと思う。前を走る県道34号は走りやすい道で渋川に抜けるのにもいい道である。この駅は前橋市にあり、赤城山の麓に立つ駅で赤城の恵を活かした農産物の販売が多い駅で、別連に温泉施設もある。夕方到着した事もあり、農産物は少なめだったが値段は安く、ほうれん草としめじを購入した。ぐんまちゃんのグッズも多数取り揃えているが、前橋市のマスコットキャラクター「ころとん」のグッズは販売されていなかった。(ころとんグッズは前橋駅で購入可能)道の駅きっぷを購入する際、レジの女性が大声で元気よく「道の駅きっぷお願いします」と係の人に伝えてたのが印象的な活気のある駅であった。
  ( 137の加藤さんytv道の駅部さんbabukunさんHidem8778さんSモンキーさん333さん川カッパさんキーサさんルピナスさんHCB47さん越後屋さん、)


風和里しばやま  (2018-01-07)
【35-02】記念きっぷの販売は無し。「季楽里あさひ」の次は「風和里しばやま」、ネーミングセンスがほぼ同じである。八日市場方面より県道45号でアクセス。空いていて走りやすい道だった。駅の前を走る県道62号は芝山はにわ道と呼ばれており、時折はにわの姿も見受けられた。トイレはオードリー・ヘプバーンを題材にしたデザインで、一風洒落た感じである。当駅も地産の農産物や弁当・総菜類が充実しており、休憩コーナーでは無料のお茶や電子レンジがあり、昼時と言う事で沢山の人がお弁当を食べていた。特産品は芝山米で、力せんべいと言う名物もある。紅はるかを使った焼き芋やカルピスバターを使用したパン、またなぜかヒロタのシュークリーム・シューアイスも販売されているのも良かった。当駅は成田空港からも近く、日本一短い鉄道と呼ばれている芝山鉄道線の芝山千代田駅や空の駅が近隣にある。空の駅の方も道の駅と同じ「風和里しばやま」を名乗っており、道路看板も道の駅の看板と見間違えるほど似ている。(写真は空の駅のものにしてみた)実質少し離れた場所にある道の駅の別館と言う感じで、施設内容も似ていた。最後に「道の駅」カードについてだが、千葉県でも販売されているが250円とかなり割高。東北や福井とは違い、駅毎にスタンプシートに押印して全駅集めるシステムではなく、カードについてるバーコードからアンケートに答えたらギフト券が貰えるシステムである。ちなみに「あさひ」で65番、「しばやま」では99番と人気駅の割に番号は進んでいなかった。
  ( ytv道の駅部さんわんびぃさん137の加藤さんSモンキーさんPooh Kumakenさんbabukunさん越後屋さん川カッパさんHidem8778さん、)

彦成さん、道の駅カードは他の公共カードに比べると結構割高ですよね(^_^;) 道の駅カードは徐々に展開されてきていますが、人気駅でも番号があまり進んでないとはびっくりです。福井県で先行販売をした時は売れ行きがよく売り切れが続出する駅が結構あったようですが、値段の割には価値がないとかから買われないんですかね。(ytv道の駅部さん)
道の駅カードについては、福井県で最初に発売された時は物珍しさもあって買った人も多いかと思います。値段も手頃でしたしね。関東と東北に関しては発売されている事を知らない人も多そうですね。値段も高いので値下げしたり、キリ番はレアカードにする等の工夫もあったら良いかと思います。250円はちょっと高いですね。それでもコレクターの方なら買ってしまいそうですが。(彦成さん)

季楽里あさひ  (2018-01-07)
【35-01】記念きっぷは売り切れだったが、入荷後に郵送をしてもらえる事となった。その際、手続きを行って頂いた男性は丁寧な対応でとてもいい感じだった。犬吠埼観光の後に立ち寄った千葉県最東端にある駅。と言う事で、道の駅の無い銚子のぬれ煎餅や海産物も販売されている。JRの駅からは旭駅より飯岡駅からの方が近く、道の駅限定の「飯岡貴味メロンドーナツ」や飯岡漁港からの海産品が販売されている。そしてご当地ゆるキャラをかたどった「あさピー焼き」だが、たい焼きのような生地を想像したが、フニャッとするほど柔らかくしなやかな感じで、クリーム味を購入したが、プリンを食べているような味わいだった。さらにこの駅では「道の駅のお弁当」や「ぶり立田揚げ」に代表される品揃え豊富な弁当・総菜類、種類豊富で美味しそうな「ぐうちょきぱん」のパン類、こちらも品揃え豊富で値段も安い野菜類、地産の精肉や魚介類まで揃っており、この駅一つでスーパー同様の買い物が済んでしまう。レストランはバイキング形式。この駅は「食の郷あさひ」を謳っているが、その名称に偽り無しで、何度でも行きたくなるお気に入りの道の駅の一つでもある。
  ( ytv道の駅部さん137の加藤さんSモンキーさんPooh Kumakenさんbabukunさん越後屋さん川カッパさんアクセラくんさん、)


つるた  (2017-12-31)
【34-03】記念きっぷの販売は無し。この駅には大きい名物が2つある。1つ目が鶴田町産の米「鶴の輝き」や鶴田町産の小麦「ゆきちから」を使用したパンで、ジャンボサイズのものも販売されている。しかし、現在加工施設が工事中の為、来年4月頃まではパンの販売は残念ながら行なわないとの事。もう1つが「スチューベン」と呼ばれるぶどうである。先日、地元のスーパーで鶴田産のスチューベンが販売されていたので購入したが、糖度の高い種ありの品種で値段もお手頃だった。この葡萄はニューヨーク生まれの品種で、寒冷地での栽培に向いている為、ニューヨークとほぼ同じ緯度のこの地で生産されている。また貯蔵性に優れ、冬ぶどうとしてこの時期にも集荷されている貴重なぶどうでもある。値段が安価なのは寒冷地の為病害虫が少ない事と、種なしの処理を行う必要が無い事で、使用する薬品類を少なくしている為である。この駅にて本日及び今年最後の道の駅巡りを締めくくった。帰路の弘前方面へ向かう国道339号と7号は道路に雪が無く安心走行出来た。
  ( Pooh Kumakenさんytv道の駅部さんbabukunさん137の加藤さん川カッパさんSモンキーさん越後屋さん、)


もりた  (2017-12-31)
【34-02】記念きっぷゲット。弘前駅から射程圏内且つ大晦日でも営業中の駅と言う事で、次に到着したのがこの駅。西目屋からは県道30号と39号でアクセスできるが、どちらも道路も雪は残っていたものの、道幅も広くて安心走行出来た。この駅は年中無休となり、お正月には初売りも行われる。パン・惣菜・菓子・スナック・デザート類がとても豊富で、この駅に来る度に色々買いこんでしまう。メロン羊かん・西瓜羊かんと言ったオリジナル商品やつがる市のキャラクター「つが~るちゃん」グッズも販売されている。伝統文化等保存伝習施設もある。また東北地方では「道の駅」カードが販売開始となり、この駅で初めて購入したがNo.000003と全く進んでなかった。福井県の時と同じく、カードを購入したら専用シートにスタンプを押印して、全て収集したらコンプリートカードが貰える仕組みとなっている。(東北地方としてでなく、各県単位)期限こそ無いものの、先着1000名までとなっている。(青森県の津軽白神は対象外)
  ( Pooh Kumakenさんytv道の駅部さんbabukunさん137の加藤さんHidem8778さんSモンキーさん越後屋さん、)

彦成さん、道の駅カード3番ですか?浸透しそうに思えませんね。私も、福井のは、あと、「みくに」だけですが、7日に東尋坊にカニ退治に行くので、とりあえずコンプ予定ですが、他地域のはやめようと思います。(babukunさん)
「道の駅」カード、つるたでは4番でした。いっそうの事1番を取りたかったですが、全然浸透してませんね。1000人と言う人数制限がありますが、無料だったら行くと思いますが、有料ラリーなので1000人は突破しないのではと思います。(彦成さん)

津軽白神  (2017-12-31)
【34-01】記念きっぷの販売は無し。弘前駅よりレンタカーにてアクセス。青森県は年末、ずっと雪が降り続いていたので心配だったが、天気が良くなって安心した。雪を被った岩木山が美しい。弘前からは県道28号で30分少々で到達出来、道路の雪も少し残っていたものの無事走行出来た。白神山地の入口にあるこの駅は降雪量も多いが冬季も営業を行っている。(1月~3月は木曜が定休日)この駅は既存施設「Beechにしめや」が道の駅となり、インフォメーションコーナーも追加された。この施設は日常食料品や日用雑貨も販売されていて地域の人のスーパーとしての役割も果たしている。特産民芸品として目屋人形があり、カシスカレー(紫)・桃カレー(ピンク)といった変わった色のカレーもある。また、冬場の雪が心配な時は弘前からは西目屋役場生きのバスが1・2時間程度の間隔で運行されているので、バスで行くという手もある。
  ( Pooh Kumakenさんytv道の駅部さんbabukunさん137の加藤さん川カッパさんHidem8778さんSモンキーさん越後屋さん、)

彦成さん、素晴らしい青空に岩木山が美しいですね。私は昔能代市に一冬住んだことがありますが、この時期にこんな青空はまずないと思います。良かったですね。バスが運行されているとのことでHidemさんには朗報かもしれませんが、寒さに弱い私は夏まで待ちます。(Pooh Kumakenさん)
彦成さん、大晦日にやりましたね。まさか、この時期にマイカーで、もしや夏タイヤですか? 私も、夏タイヤですが、オッタマゲ~でした。ホワイトアウトに巻き込まれないようにしてくださいね。(babukunさん)
彦成さん、しっかり雪だらけの中の訪問お疲れ様です。でも天気が良くて良かったですね。(137の加藤さん)
彦成さん、貴重な情報をありがとうございます。冬場に行こうと思っている私には参考になります。(Hidem8778さん)
Pooh Kumakenさんは能代に住んでいらしゃったのですね。雪だけでなく風も強くて大変な場所だと思います。一ヶ月ほど青森の天気を追ってましたが、殆ど毎日雪で日に日に積もっていくようで大丈夫かなという思いがありましたが、自分が行った時が丁度谷間の日になってくれたようです。関東に低気圧が通過すると東北は逆に天気が良くなる様で、およそ一ヶ月に一回くらいの割合になると思うので、本当ラッキーだったと思います。(彦成さん)
babukunさん、1行目に「弘前駅よりレンタカーにてアクセス」と書いてありますが。この時期東北で冬タイヤで無い車は皆無かと思います。ノーマルでもいいと言われてもお断りですね。事故だけは絶対に起こしたくないです。(彦成さん)
137の加藤さんは目的地が1箇所だけでも果敢にファーストゲットを狙いにいって凄いと思います。自分は遠方の場合、何箇所かまとめてもしくは他の用事も含めてでないとなかなか足が進みません。元旦は盛岡で迎えましたが、こちらも天気が良く、今回は冬の東北はずっと傘いらずです。天気が良い上、雪景色も綺麗で最高ですね。(彦成さん)
Hidem8778さん、お役に立てて良かったです。この駅単体でしたら、弘前駅からのアクセスの方が走行距離も短くすむと思います。雪道はエンジンブレーキを利かせながら50キロ前後で走行してましたが、レンタカーのナビからエコ運転ですねと褒められてしまいました。(彦成さん)

庄和  (2017-11-18)
【33-01】記念きっぷゲット。新国道4号バイパス沿いにある利用者の多い駅であるが、きっぷはあまり売れてないようだ。(13日の時点で8822→18日に購入したきっぷが8830と5日間で8枚しか売れてない)前回来た時と比べレイアウトに変化が見られ、建物全体が1つの物産館となり、開放感のある作りへと変わった。春日部市に所在するが、駅及び市の特徴として①毎年5月に「大凧あげ祭り」が開催されており、駅のシンボルとして建物にも凧を展示。②クレヨンしんちゃんの舞台となっており、駅ではグッズ類も販売。③牛島の藤と言う特別天然記念物にもなっている藤の花の名所があり、駅では藤うどんを販売。④庄和地区は黒豆が特産で数多くの加工品が販売。⑤弁当・惣菜・パン類が豊富で「大凧ソースカツ丼」も販売。⑥地産の農産物の他、全国各地から農産物や海産物、お土産品を取り寄せ販売。等が挙げられる。市街地からは離れた田園地帯の落ち着いた場所に立地しており、車では至便だが、鉄道では春日部駅からバスを利用する事となる。
  ( ytv道の駅部さんmr.ミヤビさん137の加藤さん川カッパさんSモンキーさんbabukunさん越後屋さんアクセラくんさんHidem8778さん、)

彦成さん、先日の旅行、前カスリは、ここだけでは、ありませんよー水の郷さわらも、3301番で前カスリです。金切符ケット出来るかもしれません!!(川カッパさん)
川カッパさんの情報のおかげできっぷを買う楽しみが増えました。ありがとうございました。しかし大方の番号がわかっていても決まった番号を狙うのは難しいですね。(彦成さん)
彦成さん、これくらいの枚数だと大量買いする人が時折いますよね!私程度の訪問件数でも切符購入時に、“昨日100枚買った人がいて・・・”という話を何回か聞きました。「甘楽」ではこのおかげで通常切符をまだ手に入れていません( ノД`)…(越後屋さん)
越後屋さん、自分でも20枚くらいまでが限度でしょうかね。何枚買っても自由ですが、買い占めるほど買ったり、転売目的で買ったりするのはどうかと思います。(彦成さん)


[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ]  ...  最後のページ


お知らせ
現在β版で公開を進めています。本サイトの不具合やご意見・コメントがありましたら、いつでも連絡をお待ちしています。
問い合わせ







道の駅スタンプラリー部利用規約お問合せQ&Aスマートフォンサイト
Copyright(C) 道の駅スタンプラリー部 All right reserverd.